ゴー・アヘッド!

へたれ文章家、ウェアホースとその周りの人々が織り成す、ドタバタ冒険愛憎活劇(嘘) banner.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【小説】真夏の日の夢

「暑い……」
 何か恨みでもあるんじゃないか、と邪推したくなる強い日差しの中。俺は思わず一人呟いていた。
 地域による差こそあれ、夏は暑いものというのは全世界共通の認識だろう。今歩いているこの町、メガロポリスも例外じゃない。
 明らかに冬用の赤い毛糸の帽子は熱を蓄え、頭の中を蒸し煮にしてくれる。鉄兜を着けてる人間よりマシだとは思いたいが、そんなのは小さな差かもしれない。
(……マズいな)
 熱気にやられてオーバーヒート寸前の頭で考える。このままだといずれ倒れてしまうだろう、と。
 今日は早めに切り上げて、陽が傾くまで日陰で時間を潰そう。
(もしくは、思い切ってスノーヒルまで行って避暑と洒落込むか、だ)
 白銀の雪景色を想像し、少しだけ涼しくなったような気がした俺は所狭しと店を広げている露店に目を移した。
 路上には色とりどりの商品が並べられ、売り手はどうにか自分の商品を手にとってもらおうと躍起になっている。
(この暑い中、逞しい事で)
 特に欲しいものがある訳ではない。それでも、何か掘り出し物が無いかと探してしまうのは染み付いた習性というものだろうか。
「どっかに最高合成のリズムイヤリングがお手頃価格で転がってないかな、と」
 冗談交じりにそんな事を呟き露天を見回す。もちろん、そんな掘り出し物が都合よく見つかるはずもない。
 一通り露天を冷やかして、この後どうしようかと考えながら携帯端末を開いた。
(今居るのは……4人、か)
 点灯しているフレンドリストの名前を眺めて、誘える相手が居ないか考える。
(セウルスは多分、ローズガーデンだな。フェンは……デート中だと厄介だから取りあえず放置。後は……)
 順番にリストを眺めていた視線が、3人目で止まった。
「え……」
 思わず声が漏れる。その位、緑色に点灯していた人物の名は予想外だった。
「アイツ、戻って――」
 その時。携帯端末を持って俯いている俺の前を、よく見知った影が通り過ぎたような気がした。
 反射的に顔を上げ、影へと呼びかける。
「ミーア!」
 呼びかけに、影は驚いたように立ち止まった。
 強い日差しに輝く金髪に、猫を模した耳。それらは長い間会っていない友人に共通するもの。
 影が振り返る。予想通りの顔がこちらを見て、目を真ん丸くしていた。
「エイル、君……?」
 疑問符つきの言葉に微苦笑しながら、言葉を返していた。
「お帰り、ミーア」

「た、ただいま」
 一拍遅れて、ミーアが照れたように言った。
 どもった台詞も、その仕草も。あまりにもいつもの彼女のイメージに似つかわしくなくて、俺は思わず吹き出していた。
「もう、何で笑うのよ」
 リアクションが気に食わないのか、ミーアは怒ったように頬を膨らませる。
「相変わらず失礼な人ね、君は」
「……相変わらずとはご挨拶だな」
 眉を寄せてミーアを睨むと、彼女は表情を緩めひらひらと手を振った。
「まあまあ、そんな事はいいから」
 彼女は笑って俺の手を取った。とても自然な動作。
「ここに居るって事は、この後どうせ暇でしょ? こうして会えたんだし一緒にどっか行かない?」
「……待て」
 あまりに自然なので思わず流されそうになる。が、ここは一応ツッコんでおくところだ。
 彼女の言葉は疑問形ではあるが彼女は俺の返事なんて聞くつもりもないらしい。ギュッと握られた手はちょっとやそっとじゃ振り解けそうになかった。
 勝手に何処かへ歩いて行くミーアに引きずられながら、
「暇じゃなかったらどうするつもりだ。拉致は今のご時世、色々と問題だぞ」
「じゃあ、何かご予定でも?」
 じと目で睨む俺に対し、そう言って悪戯っぽく微笑む彼女。僅かに沈黙し、俺は自分の負けを認めた。
「……ゴメンナサイ暇です」
「宜しい。じゃあレッツゴー」
 久々に会った彼女は、以前とちっとも変わっていない。
 それが何だか嬉しくて。引かれるまま彼女の後をついていく。

...read more
スポンサーサイト


  1. 2006/06/17(土) 18:50:49|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

【小説】青い空の、その向こう ~鬼の話~

※注意
 この小説はTS関係ではありません。予めご了承の上ご覧下さいませ。








 土で固められた簡素な道を、一人の男が歩いていた。
 男の格好は若草色のマントに身を包み、金色の髪をマントと同じ色の布製の帽子が隠しているというもの。
 背には大きなリュックを背負っており、リュックの開いた口から、麻袋に包まれた細長いものが飛び出していた。
 男の歩いている道は馬車の轍の幅だけ地面が露出しており、中央には膝ほどの草が帯のように茂っている。
 道は時々蛇行しながら彼の前と後ろにどこまでも続き、続く道の両側には青々とした草野が広がっていた。遠くに山の稜線が見える。
 頭上からは昼を少し過ぎた辺りの陽光が降り注ぎ、男の足元に濃い影を作っていた。
 彼以外には人ひとり居ない道。と、何処かから少女の声が聞こえた。
「レイン」
 声の主は男の左肩に居た。男の肩に乗って――いや、座っていた手の平ほどの大きさの少女は、男の纏っているのと同じ若草色をしたマントから顔を出し、傍らの男へと呼びかけた。
 レインと呼ばれた男は左肩へと視線を向ける。
「どうかした、フェリア?」
「あと、どの位で着くのかな」
「もう少しだよ」
 左肩に座った少女――フェリアはレインの答えに不満そうに頬を膨らませた。
「その言葉、さっきも聞いたよ」
「そうだっけ?」
「聞いたよ」
 同じ言葉を繰り返すフェリアに苦笑するレイン。今度は視線を宙に彷徨わせ、少し考えてから答えた。
「この調子で行けば、日が沈むまでには次の村に着くんじゃないかな」
「じゃあ、その村に泊まるの?」
「そうなるね」
 フェリアはそっか、と頷いた。
「どんな村かな?」
 問いに、レインは僅かに首を傾げる。
「さあ、どんな村だろう」
「良いところだといいね」
 フェリアの言葉にレインはそうだね、と頷いた。
「まずは泊まる場所と、それから僕達が演奏できる場所があれば文句なしだ。僕達の演奏を喜んでくれるお客さんが居れば最高かな」
「それと、美味しい料理も!」
 元気良く叫んだフェリアにレインは微苦笑を浮かべ、轍の道へと視線を戻す。遠く、微かに見える村の姿を追うように歩を早めた。
 頭上では、大きな鳥がゆっくりと弧を描きながら飛んでいた。

...read more

  1. 2006/06/05(月) 00:24:22|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。